FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-06-15(Sun)

劇場版ペルソナ3第2章を観てきました。

しばらく放置していましたすみません。



先日、劇場版ペルソナ3の第2章を観てきましたので感想です。




ところで、1章を観たのが半年前だったと思うのですが、前回を経て今回の来場者数はいかがなものか?


と思いながら座席情報をチェックしたところ、公開1週間とはいえ満席に近い状況(しかも夜の上映分だというのに)。

ふむふむ、要するに前回は好評だったとみて良いみたいですね。
私個人の感想としては「面白かったが、人を選ぶ」的なことを書いたような気がしますが、好評だったなら何よりです。





では、以下ネタバレ感想。
何せ1回しか観ていないので詳細なストーリーは書けないものの、閲覧注意ということで。












第1章が風花が仲間になった6月頃で終わっていたかと思います。
その続きから。




………で、きっとやってくれるだろうと思っていましたが、初っ端から例のラブホのシーンでした。
うむ、期待通り(笑)


さてさて、まずはペルソナ使い達の能力を思い出せとばかりに各々ペルソナ名を叫びながら戦闘開始。
ここで注目が集まるのは、今回から戦闘メンバー入りとなる美鶴先輩ですね。

確か先輩のペルソナはペンテシレアだったなぁと思いつつ観ていると、軽やかに早口で(笑)「ペンテシレア―!」


ここで先輩に見惚れてしまうあたり、やっぱり私は高慢美女キャラが好きなんだと再認識させられてしまいます。
美鶴先輩に始まり、BLEACHの乱菊さん、TOSのプロネーマ、そして×しな!の雪菜(←これは違うか?)



とにかく美鶴先輩パワーで戦力増強、そんな中でストレガの皆さんもここでお目見えです。
何度見てもタカヤって人間っぽくないなぁ。

そんでもって、初登場キャラについてはここからが(個人的に)重要。




天田少年キタ-------!!!





前にゲーム感想の方でも書きましたが、私は本作においてこの天田少年が大好きなのです。
キャラ的にも、ゲーム内戦力にも。とにかくペルソナ3=天田少年のゲームだと思うくらい贔屓しとります。


で、ゲーム中では彼の登場はわりと突然だったように思うのですが、今回は最初から荒垣先輩と出会っているんですね。

………って、この出会い方からして先が想像できてしまって怖い………。




……とりあえず天田少年の話は終盤に集中するので、先に本編主人公の話を終わらせましょう。


今回は天田少年の他にアイギスやコロマルも加入するのですが、コロマルはともかくアイギス、そして主人公の描き方を原作とは変えてきていますね。

アイギスといえば終盤はともかく、序盤は謎……というか、突拍子もない発言や行動でゲームを賑わしてくれましたが、映画版はイマイチ普通です(笑)
まぁ映画の尺におさめるには仕方のないことですが。

しかし、その代わりに主人公の思考がなかなか面白いことになっています。


もともとゲーム上は喋らないキャラなので(発言は戦闘中と選択肢のみ)、彼の脳内を覗き見ることが困難だったのですが、今回は喋るとあって、その奇妙な思考がだだ漏れ(笑)

特に多かったのが「終わっちゃうのか」といったニュアンスのセリフですね。
何が終わるかって、戦いの日々が、です。


戦いの日々が終わる→日常→自分の存在意義は?
という話が発端だったのですが、元々は順平の話ですよねこれ。

おかげでアイギスから理解できないと言われたり、荒垣先輩から殴られかけたりと散々な目に遭い、「プレイヤーを投影できる主人公」からは大きく外れてしまった結城君。

この後の綾時との出会いを考えると展開的にはアリですが、もはやミステリアスな鬼太郎レベルではなくなってきましたね………。





まぁいいや、主人公はこんなもんで。
天田少年の話いきましょう。


いろいろあって能力を手にし、仲間入りした天田少年。

美鶴曰く「母親の死以来捻くれた」とのことですが、見る限りは全然そんな感じはしません。
ゲーム中よりもさらに明るい感じです。

それは荒垣先輩の存在故。


どうやら出会いの段階で助けてもらったことで、随分と彼に懐いてしまったようなのです。
夏祭りに誘ったりとか(笑)原作と比較するとえらい違いだ!

そういえば夏祭りは女性と過ごすことになっていたような気がしますが、今回は主人公+アイギス+荒垣先輩+天田少年という非常に奇妙な組み合わせで花火観賞。なかなか面白い構図です。


ちなみにこの4人以外のメンバーは残る女性3人(美鶴、ゆかり、風花)+真田先輩の組み合わせと、何故か順平だけ一人ぼっち(笑)
なんだこの順平の可哀想な感じ!!



で、その後満月バトルを2回ほど経験し、ついに天田少年が荒垣先輩の過去に気がついて………と、ここからはまさに原作通り、ゲーム中で一番ダークな展開に突入します。少年の仇討です。


うーん、ここの詳細を書く勇気がないので書きませんが、とにかくこのシーンに関しては映画化した効果が(今のところ)一番出ていると感じました。

ゲーム中でもこのシーンはムービーが入りますが、如何せん作画が若干アレなので、インパクトがかなり異なります。

あと、緒方さんの演技も良かったです。やっぱりボタン送りのゲームとは違うなぁ。




……一番重要なシーンをすっ飛ばしましたが、ラストシーンは荒垣先輩の遺影を見つめる主人公。

で、そのままバック真っ黒のスタッフロール。



なんだこれ、何かのバッドエンドか。




というわけで、わけが分からなかったと思いますが以上で感想終了です。

次回はチドリと順平、ゆかりと美鶴の話がメインになりそうですね。


その「次回」はcoming soonとのことですが、とにかく年末はやめてくれよ………?


















スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ホシハナビ

Author:ホシハナビ
漫画とゲームとGARNET CROWの音楽に癒されているホシハナビのブログです。
Dance with Devils(ダンデビ)に夢中になって2年以上経ちましたが、未だ熱が冷める気配はまったくない今日この頃。


最近更新頻度がガタ落ち状態で感想記事が中断されていますが、


・遊戯王VRAINS
・ブラッククローバー
・PERSONA5
・半分、青い。(連続テレビ小説)



を視聴中。




また漫画では

・暁のヨナ
・私に××しなさい!(祝・完結!!)
・新テニスの王子様
・ポケットモンスターSPECIAL
・青葉くんに聞きたいこと
・高嶺と花
・BIRDMEN

を絶賛応援中!!



現在プレイ中ゲームは

・テイルズオブシンフォニア ラタトスクの騎士(PS3版/2周目)
・絶対階級学園(まさかの3周目)


音楽は邦楽とアニソンばかり。

GARNET CROW
ASIAN KUNG-FU GENERATION
BUMP OF CHICKEN
秦基博

の楽曲をよく聴いています。



コメントや拍手にとても励まされてます~。風紀を乱すコメント以外は大歓迎です。

お知らせ
現在のゲーム関連カテゴリは以下の通りです。 ■テイルズ→ ゲーム、コミック、OVAまとめて「テイルズ」カテゴリ ■テニスの王子様→ ゲーム、コミック、楽曲もろもろ「テニスの王子様」カテゴリ ■上記に該当しないゲームすべて→ 「ゲーム日記」カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
ぜひいらっしゃいませ。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。