FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-05-24(Sun)

わたしに××しなさい! 13巻感想(その1)

長文作成が可能になりましたので、とっても久々に×しな! 感想です。

ていうか前に更新したのって………去年の8月?
そりゃコミックスが溜まるわけですわ……。




というわけで以下今更ながらのネタバレです。

















久々すぎて前回がどこまでだったかを忘れてしまいそうになります。
えー、マミの疑惑のヘアピン騒動に巻き込まれた雪菜が、氷雨に殴られてしまったところまででしたね。


その続きから見ていきましょう。





氷雨の一撃は、それこそクリティカルヒットはしなかったものの、その衝撃で雪菜は意識を失ってしまいました。


突然の展開に晶とマミは取り乱してしまいますが、ここで唯一冷静だったのが殴った張本人である氷雨。
雪菜の名を呼び続ける晶と、まさかの傷害事件(仮)に涙を滲ませるマミの前でしっかり状況判断し、「救急車よりタクシーの方が早い」「あまり揺らすな」と、実に正しい指示を飛ばします。



そんな冷静沈着な彼に対し、晶は「おまえのせいで!」と猛然と喰ってかかりました。
が、それでも氷雨は冷静なまま。

救急車を利用した場合の受け入れ先病院の手配など、それこそ中学生ではとっさに思いつかないことをスラスラと並べていきます。
そして最後に「オレんちの病院ならすぐ診れるから…」と付け加えました。


…そういえばそうでしたね。
彼は時雨の弟でした。


そうなると先ほどの冷静な判断も納得できます。
…が、中学生とはいえここまでしっかり病院のシステムを理解しているということは、氷雨自身も父親の後を継ぐ気があるということですよね。

もしくは、継がざるをえない可能性を視野に入れて、それなりに知識は蓄えているとも取れます。


そうなると、あからさまに別荘で受験勉強に取り組む兄と比べて、かなり健気な感じがするじゃありませんか。
まぁ医者志望の人間が自ら傷害事件(仮)を起こしているようでは話にならないのですが、それでも時雨より好感が持てるといえるでしょう。



さて、そんなわけで氷雨の提案通りタクシー利用で病院へ。

もちろん道中は晶&マミの恨みのこもった視線に耐えながら…という展開。



そういえば、先ほど晶が「おまえのせいで」と言っていましたが……晶のボキャブラリーの中に「おまえ」という言葉があったという事実が判明することになりました。

晶も時雨絡みで結構な回数キレたり凄みを利かせたりしているのですが、それでも時雨に対しては終始「きみ」という言い回しを貫いていました。
が、ここにきて「おまえ」。相手は年下男子。



………正直、ちょっと安心しました。



これまで何があっても紳士的スタイルを崩さず、それ故に若干頼りない感じが目立っていた晶ですが、これだけ自然に怒ることができるなら、男子的には◎。女子ならこんな風にかばってもらいたいですよね。
今回の場合は晶がかばわれたおかげでこんなことになっているんだけど(笑)





で、病院に到着後、相当な時間が経ってから目を覚ました雪菜。
晶達の心配をよそに、実は氷雨の拳はメガネをかすっただけで、さらに徹夜だったことが災いして深い睡眠に入っていただけだったようです。人騒がせな!


しかし当然ながら拳がかすったメガネは壊れてしまい、ここにきて雪菜のテンションがガタ落ち。
そういえばメガネを外すと人を直視できない、という弱点が雪菜にはありました。

さすがに幼馴染の晶はメガネなしでもギリギリセーフっぽいですが、マミや北見パパ、さらに氷雨までもが次々と登場し、雪菜はそっぽ向くしかない状況に。




さて、その北見パパ。
もちろん時雨&氷雨の父親なのですが、面白いくらい氷雨そっくりな顔立ちです。多分、氷雨が40歳を超えたらこんな感じになるだろうなぁという感じ。



そんな北見パパは氷雨の失態を詫びつつ、会話の中で「時雨くん」という言葉を使い始めました。

さすがの雪菜もここでピンときたようですが、案の定というか、時雨と氷雨は異父兄弟だった模様。
「時雨くん」ということは、時雨は母親の連れ子ということなんでしょう。


父親が医者で、母親の連れ子がいる………か。



これはかなり面倒臭そうな家庭環境です。
確かに物語序盤の時雨なんかは「家族関係がよろしくなさそうだ」という雰囲気を出しまくっていましたが、まさかここまで重苦しい内容だったとは……。


しかし、そう考えると氷雨に対する禁止ワードが「時雨」である理由も頷けるというもの。
腹違いでイケメンで優秀、さらに猫かぶりまくりでそれこそウザい感じの兄がいるとなれば、そりゃあ氷雨だってうっとおしいことでしょう。


さらに北見パパの時雨関連コメントは続きます。




「時雨くんは今も勉強にはげんでいるのに……」




これは……さすがに嫌味にしか聞こえないですね。しかも父親からはっきり言われたとなると、マミからの悪気のないコメントとは破壊力が桁違いです。


さらに、相手が相手だけに氷雨は言い返せないときたものです。
これは哀れだわ………。



と思っていたら、ここで雪菜が動きました!!




「これはあなたが謝ることではないし、時雨のことも一切関係ない」
「これは北見氷雨のしたことだ」
「誰だって他人と比べられたらいい気分はしないものだ」





これだよ………これが言えるから雪菜は良いんだよ!!
少女漫画の主人公で、とっさにここまで言えるキャラはなかなかいないですよ。
いや、他にも言える人はいっぱいいるんだけど、中学生で、なおかつこの状況で言えるキャラはほとんどいない。

やっぱり雪菜は変人だけど主人公の器を持っていますね。




が、これで氷雨の心までがっちり握ってしまったわけで……この天然タラシが!!





さて。

これで北見パパは引き下がることになり一件落着なわけですが、ここにきて小説バトルの締め切りが間近に迫っていることが判明。
もちろん雪菜はバトルのために小説を書いているわけではないのですが、ラブの追求やら、晶の浮気疑惑やらで流石の雪菜も疲労困憊といったところなのでしょう。

あの雪菜が、ついに小説を諦めるのか……。



と、そんな時にまさかの氷雨のお見舞いイベント発生!


先ほどのやり取りの中、小説関連で覇気をなくしていた雪菜を見て、それが自分のせいだと思ってしまった氷雨が花を持ってお見舞いに来てくれた……ということなのですが、そんな彼のツンデレ全開な態度を目の当たりにした雪菜はそれを小説に生かすことはできないかと考え始めます。




……うん、実に雪菜らしい。




けど、よくよく考えると純粋な気持ちのお見舞いはただ小説に生かされるだけ………これは後々バレた時にややこしくなりそうな予感しかしない(笑)特に時雨。


そしてそのお見舞いをひっそりと見ていた晶が「やっぱりやるしかないんだね」と意味深なことをつぶやいていました。
相変わらず怖いなーこの人。


時雨がこの状況に出会ったら一人で落ち込むか、逆に殴り込みだと思うんですが(おそらく前者)、やっぱり裏でコソコソっていうのはよろしくないですね。マミは早めに愛想を尽かしたほうが良いと思いますよ!




ところで、この展開の裏側で北見パパと時雨が電話で会話をするシーンが。
もちろん内容は氷雨が雪菜を殴った件についてです。


今の時雨的に「雪菜」と「氷雨」はかなり重要ワードになっているのですが、まさかの暴力沙汰ということで焦りを隠せない様子。

それはそのはず。疎ましく思っている(引け目を感じているともいう)弟が、好きな女の子を殴ったというのですから、そりゃあパニックになるというものです。

が、「自分のことを優先しないと」とばかりに冷静を決め込んだ模様。


………ですよねー………。




やっぱり少女漫画としてはすぐに帰ってきて氷雨を殴り倒し、さらに雪菜を抱きしめていただきたいものですが、今の状況じゃこれしかない、か。

やきもきするなぁ………。





さてさて、氷雨のお見舞い効果で小説も無事更新できた雪菜は、退院後の休日に氷雨をメガネ屋に連れて行きます。
無論、目的は氷雨に割られたメガネの修理なんですが……年下中学生に本当に全額賠償させるとか、雪菜も結構な鬼です。しかも15万円って、新しいの買ったほうが安いんじゃ(笑)


とりあえずメガネは直り、氷雨から借りていたメガネを返したところで傷害事件に関しては水に流します。
今日の雪菜の目的は「何故氷雨はマミに優しくすることができないのか?」を問うことでした。

相も変わらずストレートに質問する雪菜に、氷雨も負けじと直球返答なのですが……。





「時雨と同じことするなんて、吐き気がするな」





そんな理由かー!!

普通に「あんたには関係ないだろ」とか、そんな感じの返しかと思っていたのに!!


そして、さらに続きます。




「オレはさ、マミを泣かせて怖がらせたいんだよ」
「今回のでマミも怒ったみたいだし、もっと怒らせて、泣かせて、追いつめる」





すごいなぁ………ここまではっきり口にできるのがすごい。

とはいえ、やっぱり見ていられない感はあります。
雪菜も思ったようですが、やはり時雨を意識しすぎてから回っている感が半端ない。



そこで雪菜は、「一度素直になって、優しくしてやれ」といったアドバイスを差し向けます。
もちろん雪菜の意図は純粋な厚意+小説のネタですが、確かに氷雨は晶と違って内面は優しいので効果はあるかもしれません。





というわけで雪菜の退院祝いを兼ねたパーティで、氷雨の恋は成就なるか!


というところで一旦切ります。

長い………。







スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

直りました&更新ありがとう&×しなについて

こんにちわ~☆いっきなりですが、パソが直りましてございます♪ある日急に「うおっいけるっ・・・!」てな感じでした!まあ私なんかのPC事情は置いといて、更新ありがとうございます♪とってもうれしいです!今回もおもしろくて3回位無言で読みました(笑)ほんの一票ですが、拍手もさせていただきました!ところでところで、×しな、7月号のなかよしでついに終わるようです・・・全74話、充分がんばったと思います。生きがいがなくなるようで寂しいですけど、引き延ばしてダメにするよりはいいですよね!ホシハナビさんもお忙しいとは思いますが、ゴールが定まったようなものなので、更新がんばってください♪応援してます☆そーいえば、1~4巻あたりの感想は書かれないのでしょうか?毎度毎度、長文失礼しました。

Re: 直りました&更新ありがとう&×しなについて

毎度コメントありがとうございますー


パソ子が直ったようで何よりでございます。
んで、ついに完結ですか……。本当に生きがいがなくなるようです。
が、なかよしでこれだけ長く連載されたというだけでも×しな! は本当に(色んな意味で)偉大な作品だと思います。
仰る通りゴールが見えた感じがしますので、ちまちま頑張ってみようかと!

あと、1〜4巻の感想ですが………当時はまだブログを始めてなかったんですよね。
書くとしたら本編感想がすべて終わってからまとめて、という感じになると思います。おそらくかなり端折ることになるでしょうが(笑)

とりあえずまだ5冊分くらい感想が溜まりまくってるのでなんとかします、はい。


スミマセン&発売です!

どうもです~♪しつこすぎる少女人形(仮)です~\(^p^)/
×しな!18巻発売したのでそのご報告。今回の表紙も何やら犯罪臭が・・・やっぱりひーくんはひーくんですね(汗)発売日に本が届かない田舎住まいのわたしでも、帯付きのモノが欲しいんで、毎日本屋に通いつめてチェックする日々です☆それから、全74話で完結した×しな!ですが、通常一巻に4話入れるので、2話余るんですね。てっきりわたしはがんばって18巻に6話入れるものだと思ってたんですが、19巻を出してそこに2話と番外編を入れるみたいです^^とゆーワケで、わたしの書いた「全18巻」は間違い!どーもスミマセンでした!とりあえず、更新がんばってくださいね☆でわでわ、長文失礼でぇ~す♪

Re: スミマセン&発売です!

毎回コメントありがとうございます!
そして大幅にお返事が遅れまして申し訳ございませっ……


新刊発売で盛り上がったところでの連載終了となりましたが、最新刊を読み終わって「あと1冊か」と思ったら妙にしっくりきちゃったんですよね。多分、ストーリーの運びとしてはベストだったんだと思います。まだ最終話を読んでもいないのにアレですが。

表紙の犯罪臭については全くもって仰る通りでございまして、ひーくんはひーくんだな、と。さすが時雨の弟ですわw


感想はちまちま書いては消してを繰り返していますが、頑張って最後まで書き通すつもりです。

どうあれ、あと1冊。
発売が待ち遠しいです!!







プロフィール

ホシハナビ

Author:ホシハナビ
漫画とゲームとGARNET CROWの音楽に癒されているホシハナビのブログです。
Dance with Devils(ダンデビ)に夢中になって2年以上経ちましたが、未だ熱が冷める気配はまったくない今日この頃。


最近更新頻度がガタ落ち状態で感想記事が中断されていますが、


・遊戯王VRAINS
・ブラッククローバー
・PERSONA5
・半分、青い。(連続テレビ小説)



を視聴中。




また漫画では

・暁のヨナ
・私に××しなさい!(祝・完結!!)
・新テニスの王子様
・ポケットモンスターSPECIAL
・青葉くんに聞きたいこと
・高嶺と花
・BIRDMEN

を絶賛応援中!!



現在プレイ中ゲームは

・テイルズオブシンフォニア ラタトスクの騎士(PS3版/2周目)
・絶対階級学園(まさかの3周目)


音楽は邦楽とアニソンばかり。

GARNET CROW
ASIAN KUNG-FU GENERATION
BUMP OF CHICKEN
秦基博

の楽曲をよく聴いています。



コメントや拍手にとても励まされてます~。風紀を乱すコメント以外は大歓迎です。

お知らせ
現在のゲーム関連カテゴリは以下の通りです。 ■テイルズ→ ゲーム、コミック、OVAまとめて「テイルズ」カテゴリ ■テニスの王子様→ ゲーム、コミック、楽曲もろもろ「テニスの王子様」カテゴリ ■上記に該当しないゲームすべて→ 「ゲーム日記」カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
ぜひいらっしゃいませ。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。