FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-01-24(Sun)

テイルズオブエクシリア2 プレイ感想

えーと、プレイ日記として書いていたはずなんですが、いつの間にかクリアしてました。

……ていうか2週目のやり込み段階にまで突入しております(笑)



要するにあれです、普通に面白いゲームだったので無心でプレイしていたら日記を書き忘れていただけです。



というわけで、途中の日記をすっ飛ばしてクリア感想いきます!!

今更思い出しながら日記を書くのも面倒だし(ぇ)、それでも総括感想を書きたいくらい面白かったので、今までの日記はなかったことにしてまとめて書いてしまおうかと!!!





ではでは、以下ネタバレありの感想です。未プレイの方は要注意ですよ〜











■シナリオ

ストーリーとしては近年のテイルズらしく短めではあるのですが、イベントそれぞれがきちんと作り込まれているので、プレイ中はずっと引き込まれっぱなしでした。

ゲームの性質上ちょいちょい出てくる選択肢は、大筋のシナリオには関わらない感じでしたね。
が、終盤の選択肢ラッシュには参りました……良い意味で。

ユリウス兄さんの件についてはまだしも、ラスボスを倒した後のあれが辛い。どう選択しても辛い。
1周目は「フェイト・リピーター」ルートに行ったのですが、未来の奥さんが出てきたところでイベントタイトルの意味がじんわり来ますね。
で、2周目は「審判を超えし者」に行けたものの、こっちはこっちで大いに泣けるラスト。
ついでに「血まみれの兄弟」エンドも見たんですけど……マルチエンドでここまで心を抉ってくる作品は初めてですよ!!


あと、本編シナリオではありませんがキャラクターエピソードがかなり良かったです。
個人的にはレイア、ジュード、ガイアスのストーリーがお気に入り。面白さではダントツでミュゼ(笑)




■戦闘について

日記の方で「難易度が下がった??」的なことを書いたのですが、間違ってはいないけど表現に誤りがあった感じです。
正確には「共鳴術技を出す難易度は確かに下がったが、おかげでコンボの爽快感がハンパない」ですね。

前作では指定された組み合わせでなければ共鳴術技を出せなかったため、使用する技が固定になりがちだったんですけど、本作ではすべての技で共鳴術技に繋げるので縛りが緩くなってかなりやりやすかったです。

あと、ルドガーが3種類の武器を使いこなせるのも◎。
おかげでショートカットなしでも実質12種類技をセットできるし、リンク相手を変えればどの技でもまずユニーク術技に派生させられるのが楽しい!

私は剣をメインに使っていたのですが、たまにレイアとリンクするときはハンマー主体にしたりとか……なんだかんだでまんべんなく武器を使えました。普通にプレイしていると速度の遅いハンマー系のキャラを使うことはほとんどないので、その辺りのバランスが良かったです(マリーさんとかウィルはほとんど操作したことがないし、しようともしていなかったので)。


では、以下キャラごとに。


◆ルドガー

上で大体書いちゃったんですけど、やっぱり武器3種類は強い。おかげで操作キャラは彼一択でした。
剣メインで、特に出の早い一迅と左右に攻撃判定のある鳴時雨の使用率が高かったですね。でもレベル150を超えても使用回数は4000回を超えた程度で、マスターは程遠いです。でも初期の技ばかりなので消費TPが下がった途端に連打可能になるあたりが良いですね。一迅は空中発動もできるので称号取得にも一役買ってました。

骸殻は慣れるまで温存しがちでしたが、フリーラン以外の動きをしていれば自然にゲージが溜まるので、終盤は惜しみなく使っていました。
2周目は基本ゲージをレベル4まで溜めて、ギガント相手に秘奥義をかますのが楽しい。たまに失敗するけど(笑)

そういえば一度の骸殻で敵を5体倒すっていう称号はまだ取っていなかったような……?
エンカウントリンクを狙えば良いのでしょうが、地味に面倒っていう。



◆ジュード

オート操作にしていると集中回避が発動しているかどうかよくわかりませんが、どうあれ強いことに変わりはありません。さすが主人公。
相変わらず序盤から習得している治癒功にはお世話になりまして、ついでにいうとレストアのお役立ちっぷりは凄まじいものがあります。
あと、ミラ様ほどではないものの空中戦でもかなり重要なポジションをキープしていたりと、とにかく隙のない猛者。
とりあえず戦闘メンバーに困ったら入れておけ的な……。

なお、共鳴術技の数も相当で、剣ハンマー銃どれでも対応してきたのはびっくりです。
歴代主人公の中でも、ゲーム内における戦闘能力だけでいえばかなり上位ですよこの人……!!



◆ミラ

この方も前作主人公だけあってジュード君並みの能力を発揮。
どうしてもスピードと一撃の打撃力を見るとジュード君には敵わないのですが、なんといっても全属性使用可能(しかも術、技どちらもいけるという高性能)なのがミラ様の強み。

本作の連携は弱点攻撃を起点に始まるので、要するにコンボの起点=ミラ様。おかげでスレーヴはもっぱら彼女です。
秘奥義も個人、共鳴ともに性能抜群でボス戦には欠かせない感じ。
強いて言えば加入が遅いのが難点かな?

それにしても、分史ミラ様可愛すぎない???



◆アルヴィン

なんていうか、完全にガイアスにお株を奪われた感があるこの方。
前作では高い防御力とHPを頼りに「メンバーに困ったら入れておけ」なポジションだったのですが、防御面じゃ完全にガイアスの方が上かと。

じゃあアルヴィンをどう使うかというと、中〜遠距離要員として配置するとなかなか威力を発揮するんですよね。
基本チャージ→大ダメージを繰り返すキャラなんですけど、余計なことはせずに遠距離から銃をぶっ放してもらうだけでも十分使えます。あれ? 案外サポート向き??

そういえばキャラエピではユルゲンスとの云々がメインでしたが、ユルゲンスはともかくイスラとかママの話は前作ではサブイベント扱いだったような……。
前作プレイ時にも思ったのですが、やっぱりアルヴィンのサブイベントネタは十分本編でも通用する……というか本編に入れるべき内容だったので、その辺りの調整は欲しかったかな。
アルヴィン、イスラ、ママの関係について軽〜い説明だけで済まされてしまったのは、やや違和感あり。



◆エリーゼ

やっぱり衣装は前作の方が良かった!!
…というわけで最近は旧衣装&髪型です。やっぱエリーゼはコレですな。

で、戦闘面では相変わらず使用率上位の彼女。広範囲回復はエリーゼだけですもんね(しかし、なんだかんだで使用率が高いのはピクシーサークル)。
とはいえ、本作ではレイズデッドユーザーが増えたのと、男性陣が僅かながらも自力回復ができるようになったのも相まって、エリーゼが攻撃に参加することが多くなったのはかなり違いますね。
特に闇属性弱点のボス相手なんかだとえらいことになる(笑)弱点連携ってこうやって稼ぐんだね←違う



◆ローエン

タイダルウェイブの使い勝手の良さは相変わらずで、とにかく雑魚戦で入れておけばローエンが勝手になんとかしてくれるという頼りっぷり。
本作では回復技が追加になりましたが、これもかなりありがたいです。前作ではHPが少ないのも相まって死亡率トップだったのですが、今回はそんなこともなくひたすらに化け物です。

で、予想外だったのが共鳴術技の範囲の広さ。
ルドガーさんの技設定の関係ではあるのですが、思いの外チェインが繋がる繋がる!!
まぁあんまり共鳴術技ばかりに頼っていると術が使えないのであれなんですが、ともかく前作より使用率が上がったと感じます。



◆レイア

ビバ☆アイテムエヴリワン!!
ここ最近は闘技場EXで経験値稼ぎをしているのですが、さすがに死にかけることも多々。が、そんな窮地を救ってくれるのがレイア。ボス戦で入れないとかありえない。ていうか普通に可愛いしね!!

とにかく攻撃、回復、アイテムと隙がない能力持ちなので、リンクするにはもってこいなキャラです。
強いて言えば、属性攻撃が偏り気味なので弱点狙いには若干使いにくい……程度でしょうか。でもその程度ミラ様がいれば解決ですし、弱点になどならない!!

あと、キャラエピがとても良かったです。
なんでも本能で動くレイアが必死に頭を使って行動するという、彼女の成長過程が良く見えるエピソードでした。
それを見守る成人2人も良かった(笑)



◆ガイアス

見事にアルヴィンのポジションを奪ったガイアスさんですが、なんといっても技が良い!!
とりあえず共鳴術技で邪霊一閃が出た時の感動ったらもう……!! アスベルが習得した時に「なんてかっこいい技なんだ」と思っていましたが、まさかガイアスさんまで使ってくれるとは……!!!

あ、そういえばスレイ君も使ってたっけ?
まぁいいか。

攻撃面が目立ちますが、実は微量ながらもHP回復や戦闘不能復活もできるので、実は「足は遅いが防御力が高いファラ」みたいな感じ。ただ技の出だしが極端に遅いのが残念。ボス単体向けですね。そういう意味ではアルヴィンも決して使い勝手が悪くなったわけではないんですよねぇ。



◆ミュゼ

術の大技っぷりがまさしくミュゼ。
雑魚にレイジングサンぶつけても、ダメージを与える前に他の味方が倒しちゃうからね??

それはともかく、サポートスキルのトラクタームーヴはなかなか面白いです。が、これは慣れるのに時間が掛かる……。
どちらかというと、術メインのキャラ同士(エリーゼとかローエンとか)でリンクして、敵に近づかれたら撤退→詠唱という使い方がやりやすのかもしれません。うまく使いこなせばほとんどダメージを受けないかも。

秘奥義についてはもう言うことなし。
前作で猛威を振るったイベントホライズンがこちらの手の内にある……!!!
術師なので当たり前ですが、個人、共鳴ともに範囲秘奥義なので、とにかく使い勝手が良いです。エクストラダンジョンではミュゼの使用回数が多かったかもしれません。






キャラについてはこんな感じ。


闘技場EX(本作最強)では、基本ルドガーさん操作+ジュード君、ミラ様、レイアの組み合わせで挑んでます。多分これが最強かと。
余裕がでてからはジュード君をガイアスさんに変えてみたりとか。さすがに術メインのキャラはまだ入れられないかな…(レベル150現在)。


称号も8割くらいは入手したのですが、いかんせんルドガーさんしか操作していないので、各キャラ固有スキルの発生回数を増やせないため、なかなか進みがよろしくないですね。さすがに私程度でトロコンは無理か……。




総評。


いやはや面白い!!
購入してから5ヶ月くらいたってますが、まだ遊べているあたり本作の底力を感じます。

しかし、本作が面白いほどに前作の「惜しかったな」という部分が見え隠れ。特にサブイベント関連ですね。


キャラのところでも書きましたが、前作では「これ本編に入れてよ」と思ってしまうサブイベントが山のようにありまして、案の定そのネタが本作で目立ってしまいました。
特にアルヴィンの家族の件、ジュードとディラックの件、ガイアスの妹の件あたり。

その中でもガイアスの妹(カーラ)については、レイアからの「ガイアスの妹さんだよ」という一言の説明だけで済まされてしまったのが残念。
本作では仕方のないこととはいえ、やっぱりカーラの件はもっと本編に絡ませて欲しかったなぁ。


とはいえ、残念要素はそれくらいでしょうか。しかも前作の話ですしね。


本作についていえば、ただひたすらに楽しめた良ゲームです。
さすがに前作をやってない人にもオススメ、とはいえないものの、テイルズ好きならやる価値のある一本。

さて、また鍛えに行きましょうか!!










スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ホシハナビ

Author:ホシハナビ
漫画とゲームとGARNET CROWの音楽に癒されているホシハナビのブログです。
Dance with Devils(ダンデビ)に夢中になって2年以上経ちましたが、未だ熱が冷める気配はまったくない今日この頃。


最近更新頻度がガタ落ち状態で感想記事が中断されていますが、


・遊戯王VRAINS
・ブラッククローバー
・PERSONA5
・半分、青い。(連続テレビ小説)



を視聴中。




また漫画では

・暁のヨナ
・私に××しなさい!(祝・完結!!)
・新テニスの王子様
・ポケットモンスターSPECIAL
・青葉くんに聞きたいこと
・高嶺と花
・BIRDMEN

を絶賛応援中!!



現在プレイ中ゲームは

・テイルズオブシンフォニア ラタトスクの騎士(PS3版/2周目)
・絶対階級学園(まさかの3周目)


音楽は邦楽とアニソンばかり。

GARNET CROW
ASIAN KUNG-FU GENERATION
BUMP OF CHICKEN
秦基博

の楽曲をよく聴いています。



コメントや拍手にとても励まされてます~。風紀を乱すコメント以外は大歓迎です。

お知らせ
現在のゲーム関連カテゴリは以下の通りです。 ■テイルズ→ ゲーム、コミック、OVAまとめて「テイルズ」カテゴリ ■テニスの王子様→ ゲーム、コミック、楽曲もろもろ「テニスの王子様」カテゴリ ■上記に該当しないゲームすべて→ 「ゲーム日記」カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
ぜひいらっしゃいませ。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。